手術の種類

草原で踊る女性

二重まぶたにする方法は豊富にあります。その中でも多くの人が利用する手術方法は3種類です。「埋没法」、「部分切開法」、「全切開法」の種類になります。この種類はどちらも二重まぶたの整形をすることができ、どちらも美容クリニックによって費用が変わります。そのため、初めて二重まぶたの整形を受ける人は手術内容と費用を事前に調べてから、自分が求めているサービスはどちらになるのかを調べることが大事です。

二重まぶたの整形を行なうために利用する埋没法とは、メスを使わないで手術を行なう方法です。この埋没法はプチ整形とも言われている方法になります。プチ整形と言われる理由になるのが、細い糸を使って二重まぶたの形を作ります。主に糸だけで作るため皮膚を傷つけることなく、手術を行なうことができます。また、埋没法は取れやすい整形です。そのため、埋没法を行なって二重の形が気に入らない人の場合は外してから再度付けることも可能です。そのため、自分が求めている二重になるまで何度でも利用することが可能と言えます。更に、埋没法の整形に掛かる時間はとても短いです。そのため、多忙な人でも時間のことを気にすることなく、二重まぶたを手に入れられます。

部分切開法とは名前の通り、部分的に整形を行なう手段です。この整形を受けることで二重まぶたのヒダを1ミリから2ミリ程度をメスで切り、内部からの手術を行なってくれます。また、手術時間もあまり掛からないため、この二重まぶたにする方法も手頃に行なうことができると言えます。この部分切開法のようにメスを使って手術を行なう方法があります。それは全切開法です。この全切開法を受けることで自分が求める理想的な二重まぶたを手に入れることができます。そのため、細かく調整を行いたい人の多くは全切開法を利用する傾向にあります。なぜ全切開法だと理想的な目にすることができるかというと、全切開法の手術方法は二重の線や横幅を自分の好きなようにできるからです。二重の線や横幅を数ミリ単位変えるだけでも目の印象は大きく変わるのです。ですが、全切開法を受ける際には依頼する医者をしっかりと見極めることも大事です。他の手術も高い技術力が必要ですが、全切開法は他の二重の整形と比べても技術力を最も必要とします。そのため、理想的な二重にするためにも美容クリニックの情報を集めましょう。更に、全切開法は手術のレベルが高いため、その分費用も大きく設定されていることがあります。少ない出費で整形を受ける予定の人にはあまり適していませんが、二重を追求する人にも適している手術方法と言えます。