注意点を把握する

サムズ・アップする医師

理想的な二重まぶたを整形で手に入れるためにも手術後のケアをしっかりと行いましょう。二重まぶたの整形は他の整形と比べても身体に与える負担や出費する費用などが少ないです。ですが、皮膚をいじって手術を行なうため、手術後はまぶたが腫れることもあります。その腫れを抑えるためにも専門の薬などを処方してもらえます。その薬を決められた回数をしっかり飲んで腫れを抑えることが大事です。また、多くの人は腫れがなくなったからといって薬を止めてしまう人が多いです。この状態は腫れがなくなった訳ではなく、治りかけている状態となっているため、薬を途中で止めてしまうと再度まぶたが腫れることになります。医者は腫れがなくなるタイミングを熟知しており、そのタイミングに合わせて薬を処方してくれています。そのため、その合わせている薬をちゃんと飲むことが非常に大事となるのです。合わせないで飲むと美容クリニックに通う回数が増えてしまいその分出費する費用も大きくなります。他にも、手術後のまぶたをいじる行為はしない方がいいです。整形を行なったまぶたになると違和感があるという人が多いです。その違和感が影響して必要以上にまぶたを触ってしまう人もたくさんいます。この行為を行なってしまうと手術後に訪れる腫れが酷くなる可能性もあり、更に内出血という症状になる可能性もあります。これらの危険性があるため、手術後の二重まぶたをいじることは避けましょう。

理想的な二重まぶたを手に入れるためにも、様々なことを整形後に守らないといけません。守らないと何度も美容クリニックを利用することになり、その分費用も大きく膨らんでしまいます。また、二重まぶたの整形を受けた後には私生活の行動も制限することも必要です。例えば、飲酒です。お酒を飲むことで手術したまぶたに影響を与えてしまうため、手術後はお酒を飲むことも禁止されています。更に、激しい運動も禁止されています。激しい運動も手術したまぶたに大きな影響を与えてしまう可能性が高いです。そのため、軽く身体を動かす程度ならいいのですが、激しく動かすことは危険とされています。他にも、目の周りを化粧することも禁止されています。化粧品の種類によっては手術後の傷口に大きな影響を与えてしまうものもあり、更に整形をした跡のまぶたを触ることにも繋がるため一定の期間はアイシャドーなどの化粧をすることは禁止されています。このように、様々なことが手術後禁止されているためしっかりと守ることが大事です。そうすることで、二重まぶたにダメージを与えることなく、理想とする目を手に入れられます。